大切な赤ちゃんにはウォーターサーバーのお水を

出産後女性は精神的にも肉体的にもとても体力を消耗してしまい、寝不足からなかなか疲れが取れません。

夜中に何度もミルクを飲む赤ちゃんのために眠くても、体がしんどくても、かわいいわが子のためにと水道水を煮沸してミルクを作ることが一般的でした。

しかし昨今、スーパーではお水を購入する家庭が増え、今では自宅に一台ウォーターサーバーを保有している家庭も多いのではないでしょうか。



基本的には日本の水道水は高い基準をクリアしている安全なお水を供給されていますが、様々な理由があるといえます。

基準をくぐりぬけ、病原性原虫が検出されたり、原発問題などの報道により心から安心して水道水を飲料として毎日飲むことに抵抗を感じているかだといえます。
まして、免疫力も低い赤ちゃんにだけは少しでも安心できるお水を飲ませてあげたいと思うのが親心です。



またミルクは熱湯ではミルクの粉の家用成分が飛んでしまうため、適温がせっていされています。
ウォーターサーバーはそれらを配慮したお湯の温度設定がなされているため、すぐに利用できるように工夫されています。

BIGLOBEニュースの最新情報を紹介します。

衛生面でもメンテナンスや自動洗浄機能がついている機種などが設けられているため、安心して赤ちゃんにミルクを飲ませることができます。


夜中に起きても一からお湯をわかす手間もなく、多くのママさんから支持されています。


ウォーターサーバーはつめたい冷水も出ますので赤ちゃんが成長した後もお子様が自分でコップを持ち、サーバーからお水を入れて自主的に飲むことができますので、成長を促すとても便利な機械といえます。