債務整理に掛る期間について

債務整理の手続を始めてから結果を得ることが出来るまでの期間は、選んだ手続きにより異なります。最も解決が早いと言われている債務整理が、任意整理と呼ばれる方法です。

債務整理の手続を始めてから、和解することが出来るまでの期間は平均3ヶ月、長くかかった場合でも6ヶ月程度で和解に至る事が多いようです。


手続きの流れとしては、まず弁護士もしくは司法書士に任意整理の手続きを依頼します。

はてなブックマークに関して最新情報を教えます。

依頼すると、債権者に対して受任通知が送付されます。



受任通知とは、弁護士・司法書士が依頼者の代理人となり、手続きを行っていくことになったということを通知するためのものです。

また、過去の取引明細を送ってもらうような依頼も同時に行われます。
これにより、どのような取引をしていたのかを判断することが出来ます。取引期間が長いほど、借金残高が減額される可能性が高くなります。

取引内容や利息の計算を行い、和解交渉を行います。

和解交渉では、減額された借金残高を分割で支払うという形で行います。

債権者は36回払いに応じることが多いようですが、それ以上の分割払いに応じてくれるところもあります。

和解することが出来れば、あとは和解契約書通りに返済を進めていきます。

なお、任意整理後に借金を滞納した場合などは、残高を一括で返済するように求められる可能性もありますので、しっかりと契約書通りに返済をするようにしましょう。任意整理については、債務者個人が行うことも出来ますが、弁護士・司法書士に依頼するのが一般的です。

債務整理に興味をお持ちの方にお勧めの情報サイトです。